週末Trip✈︎✈︎✈︎ゆるり旅日記

週末Trip✈︎✈︎✈︎ゆるり旅日記

飛行機がスキ♡旅行の計画を立てるのもスキ♡ 旅先で見たモノ感じたコトなど日々のゆるりとした出来事の記録

台北&バンコクゆるりひとり旅 #3日目前半

スポンサーリンク

SFC修行を兼ねて5月の連休は3泊5日で台北&バンコクへ
エバー航空のビジネスクラス利用でフライトも現地滞在もめいっぱい満喫してきました♪

 

スケジュール

1日目 台北泊
2日目 バンコク(空港)泊 
3日目 バンコク泊           ←イマココ
4日目 機中泊
5日目 帰国

 

 

ホテルへ

空港内の簡易宿泊施設「BOXTEL」を朝6時にチェックアウトし、なんだかんだでホテルに到着したのは8時前

空港から市内への移動は前回と同じくエアポートレイルリンクとMRTを利用したのですが、これが大失敗。

通勤ラッシュと重なり車内はギュウギュウ、さらに駅からホテルまでも歩道と車道の高低差がひどくて道もデコボコで、大きなスーツケースを持っての移動はなかなかに大変でした。

 

f:id:noix-nonono:20171029103357j:image

 

そして何よりも、あ…暑い!!

前回バンコクを訪れた1月は乾季で割と過ごしやすかったのですが、暑季の5月はもうレベルが違います。

1分と外にいるだけで汗が止まらなくなるほどに蒸し暑くって、ホテルに到着する頃にはヘトヘトになってしまいました。

 

f:id:noix-nonono:20171008191803j:image

 

しかしそんな事も一瞬で忘れてしまうぐらい素敵すぎたMaduzi Hotel♪

 

f:id:noix-nonono:20171029110954j:image

 

宿泊記はまた改めてアップしますがこちらのホテルは24時間いつでもチェックイン&アウト可能(部屋に空きがあれば)だったり、好きな時にコーヒー&ティーサービスをお願いできたりととにかくホスピタリティの高さが素晴らしい!

そしてお部屋もビックリするぐらい広くて、今まで泊まったどのホテルよりも居心地のよい滞在となりました。

 

 

Maduzi Hotel Bangkok
▼address:9/1 Ratchadaphisek Road (Corner of Sukhumvit soi 16) Klongtoey, Klongtoey, Bangkok
▼web:http://www.maduzihotel.com

 

 

盛りだくさんな1日のはじまり

旅行記#1日目でも少し触れましたが、今回偶然にも同日程でバンコクへ行く友人がいたのでこの日は1日行動を共にしました。

 

待ち合わせ場所はワットポー

ホテルでタクシーを呼んでもらって、朝の渋滞にはまりながらもなんとか待ち合わせ時間ギリギリに到着して無事に友人達と合流。

 

f:id:noix-nonono:20171011210811j:image

 

異国の地での再会にテンションも上がりつつ

 

f:id:noix-nonono:20171008192019j:image

 

どどーーーーーん

とまずは有名な大寝釈迦仏とご対面。その大きさ、なんと全長46メートル!!

 

f:id:noix-nonono:20171008192103j:image

 

絶賛改修中の足の裏にはバラモン教の108の世界観が描かれているんだそう (←ガイドブックの受け売り)

 

f:id:noix-nonono:20171008192139j:image

 

なんとなく撮ってみた後頭部でしたが、改めて見てみると天井や壁面、柱に至る細部まで一つひとつが美しく描かれている事に驚きます。

 

f:id:noix-nonono:20171011210348j:image

 

タイ古式マッサージの総本山としても有名なワットポー。

個人的に3度目のワットポーなのですが何度見てもこの寝釈迦大仏の迫力には圧倒され、そして優しいお顔に癒されるんですよね。

今回は断念しましたが、早起きして行けば毎朝8時から庭で行われているルーシーダットン(ヨガみたいなの)に参加する事もできるので

気持ち良く汗をかいて→タイマッサージで揉みほぐされて→寝釈迦大仏に癒されて

というのが私的オススメのワットポーの過ごし方♪

 

 

Wat Pho

▼address:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok

▼web:バンコクナビ

 

 

タイで最も格式高い寺院

ワットポーを後にして、お次は王宮 (ワットプラケオ) へ

 

f:id:noix-nonono:20171008192234j:image

 

地図ではすぐ隣に位置しているように見えるのですが、実際歩いてみると結構な距離があります。

さらに王宮周辺は多くの観光客で大混雑しているのでワットポーからの移動だけでも10分近くかかってしまいました。

 

f:id:noix-nonono:20171104105228j:image

 

入口ではスカートの丈など厳しくチェックされます。

露出度高い服装はNG!

 

f:id:noix-nonono:20171030193609j:image

 

入場チケット (500B) を購入して早速なかへ入りましょう

 

f:id:noix-nonono:20171030194817j:image

 

ワットポーもすごい人でしたが、こちらはさらにすごい人!ひと!ヒト!

 

f:id:noix-nonono:20171104221715j:image

 

f:id:noix-nonono:20171104221233j:image

 

f:id:noix-nonono:20171104221300j:image

 

f:id:noix-nonono:20171008192726j:image

 

f:id:noix-nonono:20171104221637j:image

 

f:id:noix-nonono:20171104221332j:image

 

どこをとっても色鮮やかで煌びやか

タイ仏教のこの世界観、本当に素敵です。

 

f:id:noix-nonono:20171105092343j:image

 

エメラルド仏が安置されている本堂内では多くのタイ人が熱心に礼拝している姿がありました。

 

f:id:noix-nonono:20171008192938j:image

 

最後はチャクリー宮殿で終了。 

 

この後の予定が迫っていたので駆け足での見学になってしまいましたが美しい建造物の数々はどれも素晴らしく、これらを造ったタイの人々の信仰心の深さというのを改めて感じました。

 

 

Wat Phrakeaw
▼address:Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
▼web:バンコクナビ

 

 

セレブ気分に浸る

お次はマンダリンオリエンタルバンコクにやってきました。

 

f:id:noix-nonono:20171029201333j:image


バンコク、いやアジアを代表する最高級ホテル

巨大な装花で彩られた明るい日差しが差し込むロビーは上品かつ高級感が漂っています。

 

f:id:noix-nonono:20171008193149j:image

 

そんな空間に場違い感を感じながらも、控えめにきゃっきゃとはしゃいで写真撮影しまくってまいりましたw

 

f:id:noix-nonono:20171008194205j:image

 

本日のメインイベントがオーサーズ・ラウンジでのアフタヌーンティー♪

今回『アフタヌーンティーしたいよね〜』 という事で一番に候補にあがったのがこちらでした。

 

f:id:noix-nonono:20171029104647j:image

 

マンダリンオリエンタルのオーサーズ・ラウンジといえば中山美穂さん主演の映画「サヨナライツカ」でも有名 (って見てないんですけどね…)

もちろんこちらをバックに写真撮影もしておきましたよ♪

 

f:id:noix-nonono:20171008194423j:image

 

白とグリーンでまとめられたクラシカルなインテリアはその場にいるだけで女子力が上がっちゃう (←気のせい) ほどに素敵

 

f:id:noix-nonono:20171008194308j:image

 

メニューも爽やかなミントグリーン

 

f:id:noix-nonono:20171008194459j:image

 

アフタヌーンティーのセットは『ウエスタン』『タイスタイル』『ベジタリアン』の3種類

お茶はマリアージュフレールの中から選択できます。

  

f:id:noix-nonono:20171008194528j:image

 

まずはレモンのソルベからスタート びっくりするぐらい酸っぱかったですw

 

f:id:noix-nonono:20171008194602j:image

 

私はこのホテルにちなんで名付けられた『オリエンタル』というお茶を選びました。

泡が立ってしまっているのが少し残念ですが…ジャスミンとマンダリンがほんのり香るとっても味わい深い紅茶でした。

  

f:id:noix-nonono:20171008195125j:image

 

そして、可愛いワゴンに乗って憧れの3段トレーが運ばれてきました!

 

f:id:noix-nonono:20171008194756j:image

 

うーん、素敵♡

 

食べるのがもったいないぐらい美しいビジュアルに一同テンション上がりまくりです↗︎↗︎

 

f:id:noix-nonono:20171008195216j:image

 

1段目はスイーツ

見た目にも可愛らしく、甘さ控えめでとても繊細なお味

 

f:id:noix-nonono:20171008195243j:image

 

2段目はセイボリー

こんなに色鮮やかに美しく盛り付けられたサンドウィッチは初めて!

 

f:id:noix-nonono:20171008195307j:image

 

そして下段はスコーンとフィナンシェ

焼きたてのスコーンはサクサクで中はしっとり、ジャムとクロテッドクリームをたっぷりつけて美味しくいただきました。

 

f:id:noix-nonono:20171008233633j:image

 

こちらはタイ風のアフタヌーンティーセット

定番の3段トレイもいいですが、これはこれで魅力的。

 

f:id:noix-nonono:20171105204527j:image

 

お茶とおしゃべり夢中で気付けばあっというまに2時間が経っていました。

 

f:id:noix-nonono:20171008195848j:image

 

食べきれなかったスコーンなどは持ち帰り用に包んでくれます。

 

f:id:noix-nonono:20171008200336j:image

 

f:id:noix-nonono:20171008200451j:image

 

お庭に出るとチャオプラヤー川の向こうにはペニンシュラが

ペニンシュラのサンデーブランチも豪華ですごいというウワサで気になります…

 

f:id:noix-nonono:20171008200604j:image

 

帰りはホテルのボートでBTSサパーンタクシン駅のあるサートン船着場まで送ってもらうことに

 

f:id:noix-nonono:20171008200635j:image

 

しばしのチャオプラヤー川クルーズを楽しんで夢のようなひとときは終了です。

 

税、サービス料込みで1人1700B

少々お高いですが、洗練された空間でとびきりのお茶とお菓子を味わう優雅な体験ができて大満足です。

 

いつかはこんなホテルに宿泊してみたいものです…

 

THE AUTHORS’ LOUNGE (マンダリンオリエンタルバンコク内)

▼address:48 Oriental Avenue Bangkok

▼web:http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/

 

 

3日目後半は次回へ続く